10月 16 2012

仕事で欠かせなくなってきた複合機

Posted by managewpadmin in
Facebook にシェア
[`google_buzz` not found]
[`grow` not found]

最近のオフィスでは、小さな会社でも、複合機が見られるようになってきました。複合機とは、コピー機、プリンタ、スキャナ、FAXが一つになった機械の物を指します。これらは、各機器の高性能化とともに、省スペース化が図られてきましたが、機能面について共有できる要素が大きくあるために、一つの筐体に納めようという考え方が出てきました。よって、開発されたのが複合機になります。以前はやはり高額だったのですが、機器自体が安くなってきたのも、普及した一つの理由です。

また複合機が普及していったのも、IT化が進んだ一つの結果ともいえます。業務ではパソコンを使用することが多くなりましたが、それに従い、プリンタを用いることも多くなりました。また、スキャナを使って、手書きの文書などを、パソコンに取り込むことも増えてきましたので、こういった機器を一つずつ購入するよりかは、複合機のような、一つにいろんな機能が入ったものが、便利で省スペースが図れるという理由で、導入が進んでいきました。

こういった複合機は、最近ではSOHO向けや家庭向けにも進出してきています。特に家庭向けでは、インクジェットプリンタに、スキャナ機能や、フィルムスキャナを積んだものが出てきております。また、印刷部分も、CDのラベル印刷ができるようなものも出てきていますので、複合機の一種といってもあながち間違いがないものが多く販売されています。また少しビジネス寄りの機器では、FAXも搭載されています。このように複合機は、重複する機能を持つ機器を一つにすることで、便利な使い道と省スペースを両立することができる機器なのです。